ファンデーションの種類

ファンデーションの種類について

ファンデーションと一言にいっても、その種類は形状によって異なっています。

それぞれに特徴があるので、一概にどれが良いというわけではなく、自分の肌質や季節、仕上がりの好みに応じて選んでみるとよいでしょう。

ここでは、ファンデーションの主な種類とその特徴を紹介します。

パウダーファンデーション

顔料の粒子の表面を油性成分や界面活性剤でコーティングし、圧縮することで固形にしたファンデーションです。

別名『ケーキタイプ』とも呼ばれており、スポンジでパウダーを取り、肌に塗って使用します。

パウダーファンデーションにはさらに『水ありタイプ』と『水なしタイプ』があり、水ありタイプの場合、スポンジに少量の水を含ませ、パウダーを乳化させることでリキッドタイプに近い仕上がりとなります。

一方の水なしタイプは、パウダーをそのままつけるので、全体的に薄付きとなります。

ちなみに、水あり・なしを使い分けることができる『2WAYタイプ』も存在しています。

リキッドファンデーション

油性成分が液状になっているタイプのファンデーションです。

パウダー同様、スポンジを使うほか、指で直接塗ることもできます。

油性成分が多いため、パウダーファンデーションに比べて肌の上での伸びがよく、よりカバー効果が高くなっています。

ただ、そのぶん量を間違えると厚塗りになりやすく、不自然な仕上がりになったり、肌トラブルを起こしたりします。

ムースファンデーション

リキッドファンデーションをやや軽めにしたタイプのファンデーションです。

厚塗りになりやすいリキッドファンデーションに比べ、軽くツヤのある肌に仕上がります。

ただ、肌への負担が大きいところはリキッドと同じであり、一度崩れると化粧直ししにくいという欠点もあります。

クリームファンデーション

油性成分がクリーム状になっているファンデーションです。

伸びが良いので、スポンジや指、ヘラで塗布することもできます。

近年のクリームファンデーションは保湿力のあるものが多く、パウダーファンデーションだと粉を吹きやすい乾燥肌の方でも化粧崩れしにくいという特徴を持っています。

スティックファンデーション

その名の通り、口紅のようなスティックタイプのファンデーションです。

乾燥肌しやすい肌でもしっとり仕上げる保湿力を持っていますが、伸びがやや悪く、厚塗りになりやすい傾向にあります。

スティックタイプなのでパウダーファンデーションより携帯しやすく、持ち運びに便利です。