パウダーファンデーションの使い方・塗り方

パウダーファンデーションはソフトタッチで

パウダーファンデーションはふんわりと軽い付け心地で、肌をナチュラルに仕上げることができます。

その反面、薄付きゆえに厚塗りになりやすく、シミやシワ隠しのために強くこすりつけるように塗ってしまう傾向にあります。

よって、パウダーファンデーションをつける時は、塗りすぎず、ソフトタッチで仕上げるようにしましょう

また、パウダーファンデーションはパフやスポンジを使用しますが、ファンデーションとセットになっているものをただ何となく使うのではなく、自分に合ったパフを選ぶのもひとつのポイントです。

パウダーファンデーションの使い方・塗り方

まず下地を塗ったら、パウダーファンデーションを少量パフに取ります。あまり取りすぎると厚塗りの原因になりますので、なるべく1回の量は少なめにしましょう。

ファンデーションは基本的に、顔の中央から外側に向かってさっと伸ばしていきます。

人の視線は目元から頬、口元までの逆三角形ゾーンに集まりやすいので、このゾーンを意識しながら塗っていくときれいに仕上がります。

塗りおえたら、手のひらを肌に当て、軽くハンドプレスすると肌の上のファンデーションをなじませることができます。

目元や口元は厚塗りしないよう注意

くすみやクマ、シワなどが目立ちやすい目元や口元は、ついカバーしようとして厚塗りになりがちです。

しかし、筋肉が動きやすい目元や口元に大量のパウダーを乗せてしまうと、かえってヨレの原因となります。

そのため、トラブルが気になるところほど、ファンデーションは薄付きにするよう心がけましょう。

クマやシミなどが気になる場合は、ファンデーションを顔全体に塗りおえた後、別途チップなどにパウダーを取り、軽くのせてカバーするようにします。

ちなみに、パウダーファンデーションの場合、ファンデーションの上にコンシーラーを使うと浮きやすいので、使用は控えるようにしましょう。