ミネラルファンデーションの使い方・塗り方

ミネラルファンデーションはブラシを使用

ミネラルファンデーションは、オイルやタルク、防腐剤などの添加物を使用しない100%ミネラルでできたファンデーションです。

付け心地が非常に軽く、肌への負担をかけないところが特徴で、しかもカバー力もあることから、敏感肌の方をはじめ、多くの方から人気を集めています。

ミネラルファンデーションはパフやスポンジを使うパウダーやリキッドとは異なり、基本的にブラシを使って肌にのせていきます。

普段、ブラシを使い慣れない方はやや戸惑ってしまいますが、慣れるとささっとベースメイクを済ませることができるので、コツをつかんで時短メイクに挑戦してみましょう。

ミネラルファンデーションの使い方・塗り方

よくミネラルファンデーションの使い方・塗り方を紹介するとき、『クルクル・トントン・サッサ』という表現が用いられますが、基本的にはこの3ステップを繰り返すだけです。

まず、ミネラルファンデーションをフタの上に少量出します。フタが小さい場合は、別途容器を準備すると良いでしょう。

次に、ブラシをクルクルと回しながら、パウダーをしっかり絡ませます。余分な粉はフタのふちでトントンとしっかり落としましょう。

その後、ブラシを顔の中心から外側に向かって円を描くように動かし、サッサと塗っていきます。

このサイクルを2~3回繰り返すと、ナチュラルできれいな仕上がりとなります。

ミネラルファンデーションを使う時の注意点

ミネラルファンデーションを使用する際、まず注意しなければならないのは塗る前の素肌の状態です。

ミネラルファンデーションは下地の機能も兼ねているので、スキンケア後、そのまま塗り始めてOKなのですが、このとき、顔に水分が残っているとパウダーがダマになり、きれいにつきません。

そのため、スキンケア後は肌が乾くまでしばらく待って、サラサラ状態になってからメイクを始めましょう

そして、ミネラルファンデーションをきれいに仕上げるもうひとつのコツは、繰り返しカバーすることです。

たくさんのパウダーをブラシにのせてしまうとムラの原因となるので、パウダーは少量ずつ取り、薄付きを何回も重ねるようにすると自然に仕上がります。