リキッドファンデーションの使い方・塗り方

リキッドファンデーションは塗る量に注意

リキッドファンデーションはパウダーファンデーションに比べて油分が多いので、伸びやすくカバー力が高いところが特徴です。

そんなリキッドファンデーションの塗り方のコツは、部位によって塗る量を微調整すること。均一に仕上がるからと、全体的にべったり塗ってしまうと、ヨレやシワの原因になってしまいます。

また、リキッドファンデーションは伸ばしやすいので、そのままさっと塗ってしまう方が多いのですが、ただ塗っただけでは凹凸の毛穴をカバーすることができません。

よって、リキッドファンデーションは塗るというより、手でたたき込むようにしてなじませるとよいでしょう。

リキッドファンデーションの使い方・塗り方

リキッドファンデーションはスポンジまたは自分の手で塗っていきます。

肝心の塗る量ですが額や目元、口元はほかの部位より少なめに使用しましょう

この部分は筋肉が動きやすいので、大量のリキッドファンデーションを塗ってしまうと、シワにファンデーションがたまってシワになりやすくなります。

リキッドファンデーションは基本的に手でたたき込みますが、デリケートな目元や小鼻などの細かい部分はスポンジを利用してなじませるとよいでしょう。

フェイスパウダーで仕上げ

リキッドファンデーションを塗りおえたら、最後にフェイスパウダーで全体を仕上げます。

フェイスパウダーもリキッドファンデーション同様、パフでたたき込むようになじませましょう。

肌の上をすべらせるように塗ってしまうと、リキッドファンデーションがこすれて乱れてしまうので注意が必要です。

また、フェイスパウダーをおろそかにすると、その後のアイメイクが乗りづらくなるので、しっかり仕上げておくことが大切です。